本日の日経平均株価は1万8,664.63円・前日比+67.57円と小幅上昇となりました。本来ならば可もなく不可も無くと言った所ですが、よくぞ持ちこたえたと思いますよ。


早朝は株価・ドル円共々安定した動きでした。しかしアメリカ軍がシリアを攻撃したとの報せが入ると、安全資産とされている円買いが一気に広がってしまいました。すると、ドル円は110.9円から110.1円まで一気に下落。午後に入ると、ドル円は110円半ばまで何とか回復。でもロシアのプーチン大統領はアメリカ軍のシリア攻撃に対して激しく批判たことにより、円高方向へと再び進んでしまいました。


他にも見ておくべき所は山ほどありますが、これからはシリアについても注意した方が良いかもしれませんね。

そしていよいよと言うべきか米中首脳会談が遂に行われました。北朝鮮の対応については対応していくと確認したうえで、もし対応が無ければ「アメリカは単独で対応する用意がある」と伝えたそうです。何でしょう….色んな意味で怖い。


でも特に大きなサプライズはなく、予測してた通りの内容だったように思います。終始仲良しさを強調しており、平和に事が進んだのは何より。上辺だけなような気もしない訳ではありませんが…。


だけど中国との関係は特に大きな変化は無かったものの、シリアへの動きは警戒したい。7日のNY時間ではシリア攻撃に対しての影響力はさほど感じられませんでしたが、かといって今後も絶対にないという保証はありません。中国との関係ももちろんですが、シリアの方にも目を向けたいものです。