春眠暁を何とやら状態で、今猛烈な眠気に襲われています。でも私がぐっすり眠っている最中でも、お金は常に動いている。さあ3日からの注目経済指標!…と行きたい所ですが、結構濃いラインナップが揃っている模様。


まず3日には、1-3月期の日銀短観が発表されます。日本の経済が今どうなっているのかを見る上で、非常に重要な指標となっているので見過ごすわけには行きません。そして同日にはアメリカの3月ISM製造業景況指数の発表もあります。予想としては前回よりも数字を落とすのではと出ていますが、果たして…。


勿論他にも注目すべき指標はありますが、本当に濃いので今日はここまで。でも濃いってことは…ですよ。

そして4月からは怒涛の濃い指標ラッシュ。5日にはADP雇用統計・ISM非製造業景況指数・FOMC議事要旨が発表されます。どの指標も注目なのですが、特にFOMC議事要旨には目が離せません。利上げペースについてのヒントがあれば、ドルを始めとする通貨が大きく動くでしょう。逆に何も無ければどうなるのか…。


また7日には、アメリカの雇用統計も控えています。非農業部門雇用者数変化は前回よりも落ち込むのではと予想されていますが、こちらも結果的にどうなるのか…。


まだまだ注目したい指標はありますが、長くなりそうなのでこの辺でお開きに。とにかく今週は忙しくなりそうですね。春だからお花見したいのに。