ロンドンの中心地でテロ事件が起きてしまい、多くの方が巻き込まれてしまいました。もちろん1番心配なのは、被害に遭われた方の安否です。でも次に気がかりになっているのが、市場への影響では無いでしょうか。

現時点においてはテロ事件による影響はあまり見られず、恐ろしいほどの冷静さを見せています。ドル円は110円台へと突入してしまったものの、事件性を考えれば109円台へ突入しても不思議じゃない。

でもテロ事件も少しは関係しているものの、痛手となったのが住宅指標の低調とアメリカ景気対策の遅れでした。 またポンド円も、かなりの冷静さです。確かに事件が起きた直後は137円にまで下がったものの、それ以上下がることはありませんでした。